不景気に強いサロン経営

 

2008年のリーマンショックって覚えていますか?

建築関係、自動車関係が特に影響を受けていた記憶があります

元旦那さんが整体院を経営していたのですが、やはりトヨタ系の男性のお客様はぱったり来なくなりましたね。

今から11年前ですので、私がサロンを経営してまだ3年目のころですね

旦那さんのお給料が3分の2まで落ちて専業主婦だった奥様が働かないといけなくなったという話や

自動車系の社員の人は週休3日になったとか

公共事業の下請けの工事はほとんど無くなったとか

いろんなことを今思い出しています

私がこのときサロンを潰さずにすんだのは

・固定費がとにかく低かった(固定費とは家賃や光熱費、広告費、人件費など毎月必ずかかるお金)

・比較的景気の波に関係ない業種のお客様が多かった

からだと思います

今からみるとまだサロンをオープンして3年目でしたので売上もそこまで多くなかった時期です

今、過去の確定申告の売上表を見ていますがそうですね、。

だいたい大きな不景気の波は4,5年で1回来ると言われています

あと、タピオカが流行ると不景気くるって、伝説もあるらしいですね(笑)

今日ホットペッパーの営業の女性とお話しをしていて

毎年美容業界全体に10月11月が閑散期になりやすいのですが

そこに消費税アップ、あとは私の予想では株価が下がるので、不景気の波がくるのでは?

と思います

来ないといいのですが、、、

経営者はいつでも最悪の状況を想定しつつ、最高の状態で迎え撃たないといけません

私も実は2,3年前くらい前から美容業界の波が変わる準備をしていました。

なので、今月9月19日のセミナーでも

また、10月11月のセミナーでもそのあたりのリアルな経営のお話しをしようと思います

不景気になってもつぶれない、強い体力、経営力のあるサロン作りセミナー

みなさん是非お越しください

 

9月19日 10時から12時 サロンハナ内にて  参加費用5000円