断られるのが怖いから営業したくない、勧めたくない感情

 

最近コンサルタントに入っているサロンさんでのスタッフさんの反応を分析しまして

「こういうことが苦手」

「こういうことはしたくない」「やりたくない」

などの気持ちの根底に、自分が自ら、お客様に他人に勧めるなど働きかけた際に

断られる、拒否されるのが怖いという感情が先にたち

断られてもいないのに、勧めない、勧めるのが苦手、嫌いという思考になるようです

恋愛でもそうです、最近は年齢=恋人いない歴の人が増えているそうです

拒絶されるのがこわいから好意さえ抱かない

もし好きになってもその好意をわざと気付かないふりをして抹消させる

という感じなのでしょうか。

このブログを読んでくれている方で、もし思い当たる方が居ましたら、次回もう少し

その根底にある心理まで書こうと思います