自営業でサロンをやっていてよかったと思えたこと~最近編~

サロン経営をしていて15年になるのですが、先日つくづく自営業で、サロンを経営していてよかったなと

思えることがありました

私の子供のように可愛がっています、飼い猫が高齢ということと、夏に弱いのか体調を崩し

膀胱炎から、糖尿の低血糖やら、膀胱炎の再発やら、さらに腎臓の数値まで

どれだけ動物病院に通院し、更に入院もお願いしました。

毎日毎日心配で生きた心地がしませんでした、、、

愛猫を抱っこしながら毎日のように号泣していて、この子が居ない人生なんてどうすれば良いのだろうか

と私の方が夜眠れないし、食欲まで無くなる始末でした

私は子供を産んでいないのですが、世のお母さんたちは子供の体調不良のとき

こんな風につらくて心が潰されそうになっているんだと感じました

ただ、本当に救いが、自営業でサロンワークなので、時間の調整ができ

病院に連れて行ったり、付き添える時間を仕事しながら取る事ができたのです

仕事の合間にサロンを抜け自宅で看病したり、病院に連れて行ったりは

なかなか会社勤めだと難しいと思います

今は有り難いことに体調も回復してきて、ご飯もしっかり食べてくれるようになり

本当にやっと生きた心地に戻りました

これからサロンをオープンされるかたも、この

「時間を有効に活用できる」

「家族を優先しながら仕事が続けられる」

「家事との両立がしやすい」

自営業でサロン経営の良さがココだと思います

労働時間=お給料

ではなく、売上に応じてのお給料になるので、お子さんが小さい方や

シングルマザーの方でも時間の有効活用が可能です

サロンワークの合間に子供に夕ご飯をたべさせたり、保育園にお迎えに行ったり

お洗濯取り込んだり、多少バタバタしますが、隙間時間を使えば

仕事と子育てや家事がやりやすいお仕事だと思います