閑散期の対策を繁忙期にこそ考えておくこと

先日マツエクに行ったところ、今はマツエクは閑散期だそうで、ホットペッパーの営業さんにお聞きしても同じことをおっしゃっていました

一般的に春から夏が美容業界は繁忙期になる事が多く、(美容院はまた違うそうですね)

2月、10月、11月は閑散期になる事が多いそうです

閑散期になって、「どうしよう、お客様がこない(~_~;)」「売上が立たない(~_~;)」

とならないためには、繁忙期や、そこそこ忙しい時期にこそ、閑散期対策をしておくのが肝心です

特にスタッフさんを抱えるサロンオーナーさんはお客様が居ないのにスタッフの給料だけ発生するのは

本当に頭が痛くなります(わかります、同じ経験しています)

よく聞くのが閑散期だけキャンペーンをして、値段を安くしてのクーポン集客

確かにスタッフを遊ばせているよりは有効かと思いますが

それを繰り返すと、そのお店の全体単価のイメージが下がります

つまり、安いお店として認知されてしまうということです

具体的な対策として
次回に続きます